ミネラル還元水

水にも不純物が混じってしまう時代

日頃、生活の中で口にしている水で生命にかかわるほどの問題を抱えているのは水道水といったら驚く人もいるかもしれませんが事実です。
水を飲まなければ、人は3日しか生きのびることができません。
水が成人の人体の6~7割を構成するということからも、水が生命に欠かせない物質であることは、常識です。
水の分子記号は「H2O」で、ひとつの酸素元素にふたつの水素元素がついている構造。
しかし、自然界に存在する水は、純粋な「H2O」ではなく、酸素や二酸化炭素やさまざまなミネラルを含んでいる。
このため、天然の水はおいしく感じることができるのだが、純粋な「H2O」の場合は、飲もうとしてもまずくて飲めない。日常飲んでいる水道水には、浄水場で殺菌のための塩素が加えられていて、これが水の味を悪くしている。
いやそれどころか、残留塩素と水中の有機物が化合して、トリハロメタンなどの発ガン性物質が生成されていることが明らかになって、大きな問題となっている。人間にとって不可欠の水が、今やガン発生の元凶となる時代を迎えているのである。

「安全でおいしい水」といううたい文句で、ミネラルウォーターや浄水器が売られるようになった。だが、ミネラルウォーターはミネラルを後で添加している場合がほとんどで、ミネラルバランスが必ずしもよいとはいえず、また加熱殺菌の過程で水中の酸素や二酸化炭素が抜けてしまい、これが水本来のおいしさを損ねている。

ネラルウォーターは、日常の飲料に使うには、余りにも高価についてしまうし、ゴミとして残る容器にも問題を抱えている。浄水器に関しては、トリハロメタンを100%除去できるものはまだなく、またカートリッジ交換のためのランニングコストが高くつくものが多いことも欠点といえる。
最近話題のアルカリイオン整整水器は、水道水を電気分解してアルカリイオン水と酸性イオン水をつくり、前者の方を飲料用に、後者をリンスや化粧水、消毒用などに使用するというもの。

酸化と還元は同時に起きる

ミネラル還元水は、今まで見てきたような水関連商品とは根本的な違いをもっている。それは、水道水を特殊な機械で通電し、酸化還元電位を低い状態にして、身体の生理活性を上げる性質を与えるというもの。
「酸化還元電位」とは耳慣れないことばだが、酸化還元反応の程度を電位で計る、いわば物差しのようなもので、ミリボルトで表示される。酸化還元反応は電子の移動反応であって、電位によって酸化還元の状態を計ることができる。

ここで酸化と還元については次のとおり。油で揚げた揚げ物を長時間放置しておくと風味が悪くなるが、これは油が酸化したことによる。
このように、ものが酸素と結びつくことを「酸化」というわけだが、紙を燃やすと灰になったり、鉄の釘が錆びるのも同じ現象。
これと逆に、酸素と化合しているものから酸素を奪うことを「還元」という。酸化鉄や酸化マグネシウムを還元してやると、もとの鉄やマグネシウムに戻る。
A という物質がB という物質から奪った酸素と結合する現象を「酸化された」というなら、酸素を奪われたB という物質は「還元された」ことになる。
このように、酸化と還元というふたつの化学反応は、必ず同時に進行するわけである。酸化還元反応を原子のレベルで見た場合、このふたつの反応は、電子をやりとりしている関係にある。

原子レベル間での電子のやりとりが酸化と還元

電子は電子殻という円周軌道の上を原子核を中心にして、ふたつずつが対になって回っていて、元素がふたつ以上の電子を持っている場合は、電子殻は何重かの円を描いている。このうちもっとも外側にある軌道を最外殻電子殻といい、この軌道上を電子がふたつ対になって回っていれば、科学的に安定した構造を原子は保っていられるが、電子が対ではなくひとつで回っていると、近くの原子から電子をひとつ奪ったり、あるいは逆に、自分の電子を奪い取られるなどして、安定した状態になろうとする。酸化還元反応とは、このときの原子間の電子のやりとりをいうわけである。
この電子のやりとりで、自分から電子が離れていくことを酸化といい、電子を受け取ることを還元という。ある物質の酸化還元電位を計るとすると、その数値は、還元状態にあるほど数値が小さくなり、酸化状態にあるほど数値が大きくなる。
酸化ということばと酸性ということばが似ているため、酸化の程度も酸・アルカリの程度を表すpH (ペーハー) で計れると思いがちだが、これは間違い。
pH は、水素化物イオンの量を表したもので、酸性のもっとも強いpHとは酸の量がマイナス1乗の状態をいい、中性を表すpH7 はマイナス7乗をいう。pH の値が増えるに従って(つまりOH基の量が多くなるほど)、酸よりアルカリの合いが強くなってくる。pH は、あくまでも酸・アルカリの度合いを表すものなので、酸化還元の度合いは計れない。酸化還元反応と酸性・アルカリ性という性質は、まったくの別物なのである。ただし、pH 値が変わると酸化還元電位の値も変わるので、酸化還元電位を測定するときには、pH7 の中性で測定することが前提となっている。覚えていただきたいのは、還元状態の強いものほど酸化還元電位が低く、逆に酸化状態が強ければ酸化還元電位は高くなること。

信頼の高周波技術

ミネラル還元水は、高周波還元式飲料用改質器によってつくられるもので、家庭用の交流電流により酸とアルカリを分けずに、いわば混成還元されているところに大きな特徴がある。
交流を使った混成還元では、水の分子集団(クラスター) が物理的に撹拝されて小さな分子集団になり、身体に吸収されやすく変化し、また味もおいしくなる。撹拝される際に、水中の有機物が分解・沈殿して、有害な物質が除去できるのも大きなメリットとなっている。トリハロメタンも分解されるので、極めて安全でおいしい水ができる。こうした現象は、直流電流による電気分解では起こり得ない。この技術は数々の特許を有し、通「新規性、実現可能性、市場性においてかなり優れた技術である」と高い評価を得るに至っている。

病気は酸化現象が原因

ミネラル還元水の特徴は、単に「安全でおいしい水」が得られるというだけではない。酸化還元電位が低いということで、飲料に用いれば身体の生理活性を高めて、さまざまな病状に効果があることがはっきりしてきたのである。
それも、ガンに対しての効果は目覚ましいもので、医療の分野でもミネラル還元水は注目を集めつつある。

酸化という化学反応から思い起こす例としては、鉄が錆びてボロボロになったり、木が燃えて灰になるなどが上げられるが、このように酸化とは、釘や木といった「形あるもの=秩序ある状態」を錆びや灰など「形のないもの= 秩序のない状態」へと変化させる作用でもある。
これを生物に置き換えると、人間が内臓などに障害を生じて病気になるのも、植物や動物が死んで腐敗していくことも一種の酸化であると言える。
これとは反対に、還元という現象は「秩序のない状態」を「秩序ある状態」に回復してやることであって、それが病気であれば、病状をよくしていくことにほかならない。

がん撃退は活性酸素をどれだけ中和できるかが鍵

ガンをはじめ、さまざまな病気や老化の原因となると考えられているものが「活性酸素」 。活性酸素は名前の通り、活性化された酸素、つまり、ただでさえ酸化力の強い酸素よりもはるかに強い酸化力をもっている酸素ということ。
その強力な酸化力は、酸素の原子構造が不安定なため、安定を求めるために周りのものに攻撃をしかける性質から生まれる。活性酸素の原子は、なんらかの理由によって、ふたつで安定しているはずの電子のうちの一方が軌道を外れて飛び出してしまい、軌道上にはひとつの電子しか存在しなくなっている。
そうなると、この原子はとたんに不安定になって、ほかの原子から電子を奪ったり、逆に残った自分の電子をよそに押しっけたりして安定した状態になろうとする。この不安定で攻撃的になった原子のことをフリーラジカルというが、これによって攻撃され、電子を奪われるなどした周囲の分子も同じように不安定になって、これもフリーラジカルに変わってしまうので、次から次へと分子どうしが攻撃しあうという一種の連鎖反応が起きる。
これがガンなどの病気や老化を生む原因である。活性酸素は、細胞の生体分子から電子を奪い取ることで酸化状態にさせているわけだから、生体分子が電子を奪われないようにする必要がある。それには、別の還元剤が生体分子に代わって活性酸素に電子を与えれば、活性酸素は中和されて害を及ばさなくなる。
水道水を還元してつくるミネラル還元水は、身体の中の酸化されている組織を還元する力を持っている。
言い換えれば、ミネラル還元水は活性酸素を中和して無害化する、還元剤の働きをしてくれるわけである。
ミネラル還元水には、酸素も含まれているが、これが活性酸素にならないかと疑問に思う向きも出てきそうだ。しかし、還元中の酸素はフリーラジカルとはならない対電子となり、電子的に安定した酸素になり、また浸透性も酸素の力でより大きくなるため、有害な活性酸素を含まないだけでなく、身体の細胞に浸透しやすい作用を持つというメリットが生まれるのである。

健康を維持している人ほど還元電位が低い

ミネラル還元水の酸化還元電位を計ってみると、プラス100~マイナス300mvと、たいへん低い値になっている。
この値は、生体の臓器の酸化還元電位とほぼ一致している。内臓は、食べたものを消化・吸収するという重要な働きをしているが、有機物や化学合成物を分解する能力を高めるには、酸化還元電位が低くなければならない。臓器は、消化・吸収という作業をするために酸化還元電位が低くなっているのである。

一般の水道水の酸化還元電位はプラス750~460mvと高く、ミネラルウォーターでもプラス200mvであることを考えると、ミネラル還元水の酸化還元電位の低さは顕著である。
心臓病や風邪などの病気を患っている人や、前の晩に酒を飲んだ人の酸化還元電位が高いことが確認されている。

まったく健康な人の値はプラス50mv以下で、高血圧、高コレステロール、胆石、心臓肥大など、要注意の人はプラス100mvほど、またポリープが現れてくる人はプラス100mvト以上、それよりも深刻な症状を持つ人はプラス150~240mvというように、健康な人ほど酸化還元電位が低く、病状の重い人ほど高いという結果も確認されている。

ガン細胞の増殖を抑え抗ガン剤の副作用も軽減できる

医師の推薦で入手したミネラル還元水を使って、ガン患者がその効果を確認している。

1990年に大腸ガンの手術を受けた六二歳の会社員Aさんは、手術以来、抗ガン剤を5年間使用した結果、異常がないため服用を中止したが、1996年の春に勝胱と肝臓にガンが見つかり、開腹手術を受けた。
しかし、ガン細胞が散在していて切除ができず、抗ガン剤による治療に切り替えられた。抗ガン剤を使用すると、作用として口内炎や結膜炎、手足のむくみ、吐き気、食欲不振、脱毛などが現れるが、これを防ぐため、1日1.5~2.0Lのミネラル還元水をA さんに飲ませた。
その結果、副作用はほとんどなく元気が出て驚くほど食欲が旺盛になり、58kgだった体重が3kg増えた。
開腹手術から2ヶ月後にA さんはすぐに会社に復帰。抗ガン剤とミネラル還元水を併用しながら、健康な人と同じように働き始めた。その年の秋の検査では、腫瘍マーカーが大幅に減少して、大きい腫瘍は半分ほどに縮小し、小さな腫瘍は消失していた。その後もA さんの体調は良好で、ミネラル還元水を入れたペットボトルを持って休まずに通勤しているという。
A さんの例は、ガン細胞を取り除くことができない場合でも、抗ガン剤とミネラル還元水を併用すれば、ガンの増殖や体力低下を大幅に抑制することができることを示している。

  • 浸透性が高く細胞内外の毒物や不要な老廃物などを希釈する作用
  • 活性酸素を抑制する作用
  • ミネラルが豊富でかつバランスがよいため、ミネラルの欠乏で発病する疾患を予防する作用
  • ミネラルが関与する酵素が活性化するために臓器の機能が活性化する作用
  • 医療的に使用する場合

酸化還元電位を用途に応じて加減できるので、活性酸素を抑制するのに有用性が高いことなどを挙げる。そしてこれらが複合的にガンの進行をくい止めると同時に、抗ガン剤の副作用を軽減もしくは抑制する働きがあるのではないかと指摘している。

農薬の毒性を低下させる

新潟県は、胆道ガンの発症率が全国でも高い地域として有名であるがその原因は、水田で使用される除草剤CNP(クロルニトロフェン)が地中を通って水道水に混入しているためだと言われている。
現在の浄水方法ではCNP を取り除くことはできず、極めて深刻な問題をこの地域は抱え込むことになった。
その新潟県にある社団法人では、ミネラル還元水を使ってCNP の除去効果について実験してみたところ、水田初期散布のおよそ十倍量の極めて高濃度であったにもかかわらず、その除去率には高いものがあったという。

試験方法は、まずあらかじめ溶解濃縮したCNP (1.5~2.0pot範囲) にマイナス300mvに還元したミネラル還元水を加え、一定時間抽出した後、その含有量を測定。

一方、ミネラル還元水の代わりに水道水を同じように使った実験を行い、これと比較して、水道水に対するミネラル還元水の溶出量から除去効果を求めるというもの。その結果、放置時間とはあまり関係なく、水道水に対してミネラル還元水の除去率は49.4~68.0 と著しく高く、その有効性が明らかになった。
この試験から、ミネラル還元水はCNPだけでなく、ほかの物質の除去に対しても明白な効果が判明した。

最近問題となっている農薬に対する有効な除去手段として、その可能性が高いと評価している。

汎用性が高い

ミネラル還元水の原理は、さまざまな汎用性を持っている。すでに実用化されているものとして天ぶらや豚カツなど揚げ物に使う油の酸化を防ぐための業務用のフライヤー、水耕栽培の養液としての使用、化粧水・化粧クリームなどがあり、いずれも優れた実績を上げている。

最近は、水道水をミネラル還元水にする浄水機能付きのポットが販売されており、手軽に試してみることが出来ます。浄水器のような大がかりなものは不要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です